一生懸命自転車をこぐ彼と観光地

「奇跡」について、どう思っているだろうか。「おむすび」って、普段ではどのように考えられているんだろう。別に真剣に考える気分になったわけじゃないよ。

息もつかさず跳ねる兄さんと紅葉の山

太宰の「斜陽」は、休みなく読みたくなると思う。
戦時中は華族の娘だったかず子が、誰にも引かない女に変貌する。
これはこれでカッコイイと思わずにいられなかった自分。
この女性のように、誰にも恐れない行動力と、意見を押し通す意志が戦後は必須だったんだと思う。
分かるけれど、不倫相手の作家の妻からするとうざいだろうと思う。

どしゃ降りの木曜の午後は窓から
本日の体育の授業はポートボールだった。
少年は、球技は得意ではないので、不機嫌そうに運動着を着ていた。
おそらく今日は、運動は何でもこなすケンイチ君が活躍するだろう。
きっと今日は、運動神経のいいケンイチ君が活躍して女の子たちにキャーキャー言われるんだろう。
だとしたら、少年が思いを寄せている、フーコちゃんは、ケンイチ君が活躍するところを見るなるのだろう。
少年は「あーあ」とこぼしながら、運動場へ歩いていった。
だけどフーコちゃんは、ケンイチ君じゃなく、少年のことをチラチラ見てたのを、少年は気がつかなかった。

ノリノリで自転車をこぐ兄弟と枯れた森

歌舞伎町の夜の女性を発見すると、プロ意識が高いなと思う。
それは、キメキメのルックス、会話、それらに対する努力。
お客に完全に勘違いをしてもらわないで、夢を与えていると思わせつつ、また店に来てもらう。
たまに、もしかしてコイツ、自分に本気なのかな?と思ってもらう。
このバランスのとり方が、どの仕事よりも絶妙だ。
一番は、私は人気のホステスさんたちの月給がとても知りたい。

涼しい水曜の深夜に料理を
セミも鳴かなくなった夏の夜。
少年は家の縁側に座って、西瓜をかじっていた。
スイカをかじってはタネを庭に向かって吐いていると、ときおりタネがうまく飛ばずに、自分の足に落ちたりしていた。
隣に置いた蚊取り線香の香りと、扇風機を浴びる蒸し返す夜、それと西瓜の味。
少年はそれぞれを感じながら、明日は何をして遊ぼうかな、と考えていた。

具合悪そうに吠える妹と冷たい雨

今時のネイルは、バイオなど、素晴らしく高い技が駆使されているようだ。
気持ち程サービスしてもらえる招待券をくれたので行ってみた。
思いっきり、カラーや雰囲気に対して、優柔不断なので、決定するのに時間を要した。
親指にシンプルなアートをしていただいて、かなりご機嫌になれた。

一生懸命お喋りする君と失くしたストラップ
私は素肌がそれほど丈夫でなく、気を付けないとかぶれる。
そして、ボディーシャワーの素肌に残ってしまう感じが気に入らない。
しかし、寒い季節はかなり乾燥しまくるので、なるべく余計な薬品が入っていないスキンローションを愛用している。
これらの商品のガッカリな点は、価格が非常に高いので、なかなか買えないところ。

どんよりした金曜の夜に外へ

人々のほとんどが水という研究もあるので、水分は人間の基本です。
水分補給を欠かさず、みなさん元気で楽しい季節を満喫したいものです。
きらめく光の中から蝉の声が聞こえるこの頃、普段はあまり出かけないという方も外に出たいと思うかもしれません。
すると、女性だったら日焼け対策について丁寧な方が多いかもしれません。
夏の肌のスキンケアは夏が過ぎた時に出てくるといいますので、やはり気にかけてしまう部分ですね。
そして、すべての方が気になっているのが水分補給につてです。
まして、普段から水分の過剰摂取は、良いとは言えないものの夏の時期ばかりは例外かもしれません。
なぜかというと、多く汗をかいて、知らず知らずの間に体から水分が抜けていくからです。
外出した時の自分自身のコンディションも関わるでしょう。
思いがけず、自身が気付かない間にわずかな脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるかもしれません。
暑さ真っ只中の水分補給は、次の瞬間のコンディションに表れるといっても言い過ぎにはならないかもしれません。
少しだけ出かける時も、ちっちゃいものでかまわないので、水筒があるととても経済的です。
人々のほとんどが水という研究もあるので、水分は人間の基本です。
水分補給を欠かさず、みなさん元気で楽しい季節を満喫したいものです。

のめり込んでダンスするあなたと夕立
歩いてすぐに海があるところに私たちは、家があるので、高潮を離れて暮らす家族が危惧している。
特に大地震後は、海と家がどのくらい隔たっているのかとか逃げる場所はすぐ近くに存在するのかとかもの言う。
家内と自分も気がかりだけど、しかし、単純に条件のあう物件も見つかるわけではない。
さりとて、本当に大津波がやってくるとなってしまった場合に逃げるルートを特定していないといけないと思う、だけど、堤防近くしか高台へ行く道路がないので、あらためて考えたら危ないと思えた。

陽気に体操する弟と横殴りの雪

また、麻衣子と明日香とツアーに行きました。
明日香と麻衣子は、私の学生時代の友人で、同じ時間を共有した仲です。
しかも、力を入れていたのが国際観光とトイックなので、旅が好きな学生たちであふれていました。
とくに、明日香と麻衣子を含む仲良し6人で色んな土地へ旅をした思い出は忘れられません。
私はもともとそんなに友人が多くないし、しかも十分だと考えています。
という事で、純粋に喜んだけれど、すぐ隣で麻衣子が満足しているような雰囲気だったのもポイントでした。

喜んで跳ねる妹と月夜
この夏は、泳ぎに行っていないが、泳ぎにとっても行きたい。
今、子供が小さいので、波打ち際でちょっと遊ぶ程度なのだけれど、思うに興味をもってくれるだろう。
但し、まだ、パンパースをつけているので、海にはいっている人の事を思ったら海につけない方がいいと思う。
オムツのプール用もあることはあるが、ちょっとした問題になっているらしいので。


PAGE TOP

「奇跡」について、どう思っているだろうか。「おむすび」って、普段ではどのように考えられているんだろう。別に真剣に考える気分になったわけじゃないよ。
Copyright (C) 2015 朧月夜と岩山とつむじ風 All Rights Reserved.